2018/01/20 13:30

こんにちは。SNOW BEECH FURNITURE STOREです。

 

私たちは、新潟県内の豪雪地帯で育った〔ブナ〕の木を使って家具を作っています。

〔ブナ〕は英語でbeech-ビーチ-。

雪国のブナということで、SNOW BEECHと名付けました。

 

今、家具に使われるほとんどの木材は、輸入材に頼っています。

みなさんの周りにある木材の多くが「外国人」なのです。

 

もちろん、木の種類によっては「外国人」の方が魅力的なものもあります。

例えば、有名なのはウォールナットとかブラックチェリーとか。

ウォールナットは日本語で”くるみ”。日本で育った”くるみ”は、ウォールナットと色合いが異なり、

北米で育ったウォールナットの深いブラウン色に魅せられる方が多いです。

また、ブラックチェリーは日本では”サクラ”。

これもまた色味が全然違って育ちます。北米産のブラックチェリーは、深みのあるオレンジ色です。

じゃあビーチは?というと、ヨーロッパ産のビーチが多く流通しています。

木肌が白くて木目がおとなしく、量産系(店舗や事務所内など)によく使われています。

ビーチは北欧家具で有名な木材ですよね。例えばYチェアとか。

粘りが強く、曲げる加工に適している木材として、重宝されています。

スノービーチは新潟の豪雪地帯で育ち、冬の間じっと積雪の中を耐えた木です。

春になって雪解けのキレイな水をぐんぐん吸収し、とても美しい白肌となります。

そして、なんといっても表情の豊かさがとっても魅力的!

のびのびと育ったブナたちは、いろんな顔を持っているんです。

また地元産だからこそ、樹皮までもが私たちの手元に届きます。

一般的な木材販売では、樹皮は取り除かれていますから。

地域の森にある資源を有効的に利用する。

利用することで地域に森の仕事が生まれる。

周りの街に活気が生まれる。

 

こんな流れを作っていきたい。

そう願ってスノービーチプロジェクトは、新潟のブナ〔スノービーチ〕を

たくさんの方にご紹介していく活動をしています。

 

私たちはみなさんの生活空間に、家具として〔スノービーチ〕をご提案します。

 

SNOW BEECH FURNITURE STORE

 

P.S. 店舗でも大変ご好評をいただいている「まかないスツール」シリーズ。

一つ一つ表情が違うので、ぜひ見比べてみてください♪

まかないスツール S

まかないスツールM